オロチ たちも順調に育っているので、新しい種類のメダカを育ててみたくなったので、今回、オークションにチャレンジしました。

本当は稚魚から育てていく予定だったのですが、オロチ で少々自身がついたので、今回は卵から育てていきたいと思い、オークションで落札することを決意しました。

やはりオークションは安く購入できるのがメリットだし、メダカショップであまりお目にかかれないメダカも多数出品されています。

デメリットは個人個人のやり取りなので、本当にこの親から産まれた卵なのかなぁと、はたまたこの画像のような美しい個体なのかなぁと、少し不安になるところでしょうか。

今回は雲州三色松井ヒレ長黒蜂の卵をゲットしようと思い入札しました。

しかし、今回落札できたのは、松井ヒレ長黒蜂の卵のみで、雲州三色は高値更新され、落札できませんでした。

でも、どちらかとゆうと黒蜂の方が欲しかったので、結果的にはよかったです。

強がりじゃないですよ(笑)

卵20個+αで落札金額は1500円ほどで、送料が250円のネコポスで合計1750円でした。

ネコポスはお安いですが、ポストに直接投函なので、この暑い時期に卵が大丈夫か心配でしたが、なんとか大丈夫そうです。

落札した次の日には届きました。

こんな感じです。

めだかの繁殖日記【8月2日】オークションで卵落札してみた

めだかの繁殖日記【8月2日】オークションで卵落札してみた

卵は全部で25個くらいありました。

ほぼ開眼している卵で、タレビンに入った状態で届きました。

容器に水を入れそこに卵の入ったタレビンをつけて、水合わせをします。

1時間ほどつけたあとに、タレビンから容器の中に卵を移します。

あとは、毎日水換えをして、カビが生えないようにします。

さあ、何日後に孵化するか、楽しみに待ちます。