めだかの環境を考える

観賞用のメダカでしたら、お洒落な水槽やスイレン鉢で飼うのをお勧めしますが、このブログの目的は、あくまで繁殖させていくのが目的です。

ですので、いかにメダカにストレスを与えず、メダカが気持ちよく過ごせる空間を作ってあげれるかが、重要だと思います。

そのために、まず水槽選びからいきます。

私のお勧めは、発泡スチロール製の水槽です。軽いですし、保温性も高く、屋外で飼育されるなら、断然発泡スチロール製の水槽をお勧めします。

大型の水槽は重くて水が入っていない状態でも、持ち運びが大変です。

発泡スチロールでしたら、片手で持ち運べて女性でも大丈夫です。ホームセンターや通信販売で売っていますので、繁殖目的や屋外飼育の場合はこの発泡スチロール製の水槽を試してみてください。


メダカの2世帯住宅 3ルーム工作キット(未完成品) (W65×D35×H23cm) 2個セット お一人様1点限り 関東当日便

水槽が用意できましたら、次はメダカの住む水作りです。

まずはバケツに水を溜めます。水道水にはメダカにとって有害なカルキが含まれています。

このカルキを抜くには、市販されているカルキ抜きを使用するか、日の当たる場所に2〜3日放置しておくと抜けます。

カルキが抜ければ、その水を水槽に入れていくのですが、私の場合はその水に、別のスイレン鉢で飼っているメダカの水を200ccほど入れます。

めだかの環境を考える

この水、見た目がとても汚く見えますが、植物性プランクトンが豊富に含まれた、メダカの稚魚の成長にとてもよい水なんです。

針子と呼ばれる産まれて間のない稚魚は市販で売られているエサでは大きくて食べることができません。

ですので、プランクトンの含まれているこの水が針子にとっての成長に欠かせないのです。

この水、見たまんまでグリーンウォーターといいます。カルキ抜きした水に、グリーンウォーターを200ccほどいれておくと、最初は薄いグリーンウォーターですが、徐々にプランクトンが繁殖して、池のようなグリーンウォーターが出来上がります。

めだかの環境を考える

あまりにも濃くなると、酸素が薄くなり、メダカにとってあまりよくないので、半分ほどグリーンウォーターを捨てて、新しい水を入れてあげましょう。

 

あまり環境の変化をメダカに感じさせないようにすることが、メダカの環境作りには重要です。


GEX メダカ元気 快適繁殖ケース L 【熱帯魚・アクアリウム/水槽・アクアリウム/金魚鉢】