昨日は今年一番の暑さで、私の住んでいる大阪でも最高気温が38度もある酷暑でした。

前に製作した、日よけ蓋をするべきだったのに、蓋をせずに仕事へ出かけてしまいました。

仕事から帰ってきていつも通りにエサをあげようと、水槽をのぞくと、親メダカの12匹のうち、11匹が、横たわって水面に浮かんでいました。

ショックで声になりませんでした。

おそらく、直射日光による水温の上昇が原因だと思います。

なぜ、蓋をしなかったのか、せっかく日よけ蓋を作ったのにも関わらず、蓋をしなかった自分にとても腹が立ち、深く後悔しました。

暑くて苦しかったと思うと、メダカたちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

残った1匹と、幸い稚魚たちは全員無事だったので、この出来事を深く受け止めて、そして教訓にして大事に育てていきたいと思っています。

今日、最後の採卵をしました。

なるべく多くの卵が孵化してくれることを願うばかりです。

最初に孵化したメダカと今日孵化したメダカの比較です。

めだかの繁殖日記【7月15日】悲しい出来事

めだかの繁殖日記【7月15日】悲しい出来事

めだかの繁殖日記【7月15日】悲しい出来事

順調に育ってくれています。

親メダカが、残していってくれたこの稚魚たちを立派な成魚に育てていきたいと思います。